うつゆる

働きたいけど、緩やかでないと無理。

空いているところはワケあり

大学生の頃、空いている歯医者に行ったら、乱暴に治療されてビックリしました。
田舎で行っていた歯医者がとても良い歯医者だったことがわかりました。
虫歯の治療も痛くなかったので、幼い頃は「何でみんな歯医者を嫌がるんだろう」と思っていたくらいです。
毎日とても混んでいたので、待ち時間が長かったです。

歯医者なんてどこも一緒だろう、と思っていました。
よくよく考えると技術が必要なことですから、人によって違いが出て当然です。

同じように、精神科も空いているところはワケありです。
結構、ササっと流されます。

わたしが通っているところはそのワケありのところです。
(行くのサボっていますが)
初診も電話をすれば、すぐ診てくれます。
人気のある精神科は電話をしても1ヶ月後とかになりますから、かなり患者の回転率が早いんだと思います。
短時間でパッと診察が済むので、行くのが嫌にならないです。
言うことをまとめておかないとすぐ「はいじゃあ、また次回ねー」となってしまうので油断はできませんが。

きちんとカウンセリングをして欲しい人には向いていません。
本当は、病気のためにも、きちんとカウンセリングをしてくれるところに行った方が良いんでしょう。
でも、カウンセリングに気が乗らなくて行かないよりは良いと思って通っていました。

ワケありのところも捉え方次第かなと思います。
かかる時間が短くて済むというメリットがありますから。
待たされるのが嫌とか、治療がササっと終わって欲しいとか、そういう短気な人には向いています。
わたしは精神的に余裕がない時に、短気になってしまうので、空いているところが存在するのは助かります。